しばもさ

しばもさ

しばらく模索していきます。

Huawei P9 を今更買いました

前機種Nexsus5Xのバッテリーの劣化に対し諦めることを決断し、タイミングよくAmazonのセールが襲いかかる。

Huawei P9 レッドが安い! 1万円引き!

Amazonはカートに入れてから考える”なんてさせてくれない。
あるのはいつも“1-Click注文”だけ。

ということで届いた

P10が出るってニュースの中でP9を買うのはどうかと思ったが、現在の財政状況ではスマートフォンに10万も出せないので選択肢はもともとなかった。
開封前だが、まずは先に言い訳を書かせていただいた。

中国メーカとは思えないおしゃれな箱に、おしゃれな感じに入っている。
おしゃれすぎていい表現が見つからない。

撮影カメラはNexus5X

f:id:tozukaku:20170521010426j:plain

f:id:tozukaku:20170521010347j:plain

想像通りのサイズ感。このサイズが片手のギリギリかと。

f:id:tozukaku:20170521010349j:plain

スマホカバーやmicroUSB→typeC変換器などが付属している。
おもてなしの精神は金で解決できると言わんばかり。素晴らしい。

f:id:tozukaku:20170521010348j:plain

背面が光に当たると色味が変わる、非常に写真に収めにくい色だった。
この美しさをなんとしても知ってもらおうとカメラ片手に格闘したが、5枚撮ってもよく撮れなかったので諦めた。

f:id:tozukaku:20170521010350j:plain

f:id:tozukaku:20170521010351j:plain

このスマホ一番の特徴であるデュアルカメラ。ライカの文字が中国製なのに高級感を醸し出している。
(中国+ドイツ)/2 つまり台湾くらいの高級感。

f:id:tozukaku:20170521010352j:plain

DSDSではないため、nanoSIMとmicroSDの組み合わせ。
今のところ番号が2つ必要な事態になっていないので問題ない。

f:id:tozukaku:20170521010354j:plain

起動すると"タップアンドゴーでアプリや設定を引き継げます!“とGoogleから説明を受けたが、アカウント情報だけしかコピーできずアプリは自分で普通に入れた。よくわからん。

P9はAndroidベースの独自UIとのこと。純粋Androidとほとんど同じだが若干iOSっぽくなってる。

処理能力:素晴らしい。不便に思ったことはない。
バッテリー:減らない。普通に1日以上使える。
指紋認証:早すぎる。すごい。

総評:すごくいい。

ケースも買いました

普段は裸族ですが、あまりにピッタリフィットなケースがあったためとりあえずつけてみました。

パッと見ケースを付けているように見えません。それほどです。

f:id:tozukaku:20170521010427j:plain

色味もなかなか好みです。

f:id:tozukaku:20170521010353j:plain

ところで

発売から1年経とうとしている端末にこれほどたくさんの写真を(しかも下手な)載せる必要があるのか、いや、ない。

ではなぜ載せたのか。勢いが悪いのだ。ブログをスタートしたというやる気の勢いが。