しばもさ

しばもさ

しばらく模索していきます。

エウレカセブン映画化について思うこと

エウレカセブン映画化なんですね…知らなかった。

eurekaseven.jp

三部作で本気度合いが伺えます。素晴らしい。

私ね、本当エウレカセブンが好きなんですよ。

アニメは当然のこと、漫画もAO/ニューオーダー含めて全部持ってたりします。

もう雰囲気から好き。生きていいんだよって思える。リフしたくてスノボー始めた。それくらい。

でもなぜ今更映画化なのかな? どうやらイントロダクションを見るに、単純な人気のほかパチンコ系がヒットしたのも理由みたいですねが…

ファンとしては資金源がどうってよりとにかく新作が出るのが嬉しいのでそこんとこスルーで。

どんな感じだろう

ストーリー

『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の縦軸は、主人公レントンとヒロイン・エウレカの物語。そのすべては10年前に世界を揺るがせた大事件「ファースト・サマー・オブ・ラブ」に端を発します。TV『交響詩篇エウレカセブン』で何度か言及されながらも、正面からは描かれなかった「ファースト・サマー・オブ・ラブ」。これがついに映像化されます。

よかった! レントンとエウレカの物語なんだね! 沖縄独立運動じゃないんだね!

“すべての始まり”が明らかになるとともに、作品も大きくエボリューション(進化、発展)します。劇場3部作は、すべてのセリフを再構築し、新作映像と再撮影された新たな映像で構成。ストーリーも誰も知らない新たな結末に向かって進んでいきます。

これはあれかな。完全新作っていうより「基本ストーリーは同じで若干結末違うよ」って感じなのかな。

イメージとしては新エヴァンゲリヲンとかですかね。途中まで同じストーリー、リメイクではなくリビルドってやつ。

エウレカとレントンとアネモネが見られるならなんでも歓迎です。

要望いうならチャールズ夫妻の話は入れてくれると感激します。

AOはハードルが高かっただけで、それなりだったと思います。ゲッコーステイト出てきた瞬間興奮したし。

音楽

エウレカセブンといえば音楽。

どれもサイコーにかっこいい。マジカッコイイ。

曲の良さが作品にかなりブーストかけてます。

今作はどうかなって思いましたが、

挿入歌、かっこいいやんけ!

挿入歌「Acperience 7」/ Hardfloor

ドイツ、デュッセルドルフ出身のオリバー・ボンツィオとラモン・ツェンカーの二人組。 ドイツでまだアシッドハウスやテクノが産声を上げたばかりの1991年に結成。9分に及ぶ「アクペリエンス 1」をリリースし、ドイツのクラブシーンに衝撃を与え、世界中のクラブシーンに知らしめるきっかけともなった。

よさそうですね。

たぶんこのAcperience 1をベースにエウレカセブンってことでAcperience 7かな。

とりあえず期待しましょう。

あ、好きです。

f:id:tozukaku:20170621202400p:plain

アニメーション制作はボンズ

原作がそうなので当然ですね。ぬっるぬる動く姿が想像できます。

レントン:三瓶由布子 エウレカ:名塚佳織

ここら辺は同じでよかったです。声優について詳しくないのでwikipedia先生に聞きました。(ノットオタクアピール)

ホランド:森川智之

ただここは仕方ないですね。早く良くなって欲しいです。

www.oricon.co.jp

とにかく期待! 公開は9月16日!

とにかく見に行きます、絶対に!

エウレカセブン面白い! 一番好きなアニメーションです!